クラコト

育児・転勤・暮らしのブログ

賃貸の防犯。

玄関扉のドアスコープ、中には外側から外せるものがあると知り市販品を購入して取り替えました。

今の玄関扉(内側)です。

f:id:mgmmyzk:20191204141542j:image

※カバーはあえて少しずらしてます

 

もともと付いていたドアスコープにはのぞき穴にカバーが無く、磁石を貼り付けていました。

f:id:mgmmyzk:20191204223749j:image

 

本来の外し方は、内側にある溝に硬貨を差し込んで緩めます。

f:id:mgmmyzk:20191204135055j:image

経年の緩みでキッチリ閉まっていなかったからか、外側から外せてしまいました。

 

考えたく無いけれども、

取り外した後の小さな穴から特殊工具を使って鍵を解錠したり、室内を覗かれるという事例もあるそう。

 

新しく取り付けたものは空転式と言って、

外側からは延々と空回りして取り外せないようになっています。のぞき穴の目隠しカバーも付き、ちょっと安心。

 

それほど高くないので、

賃貸にお住まいの方は1度確認してみると良いかもしれませんね。

 

広角空転式ドアスコープ160 シルバー 2068

新品価格
¥1,019から
(2019/12/6 16:19時点)