クラコト

育児・転勤・暮らしのブログ

片頭痛予防 -カーテン-

頭が痛くなると光に過敏になるので、カーテンは必需品です。

 

家具やカーテンは無印良品で買うことが多いです。

お店で実物を見て確認し、無印週間やオーダーカーテンが安くなる期間を待って購入しています。

 

カーテンを選ぶとき、遮光性の高いもので壁紙に馴染む色をポイントに探しました。

産後の体調変化なのか、細かいチェックやストライプの模様、黒×白や赤×青などの色で目がチカチカするようになったので、色の差が少なく刺激にならないものを。

 

買ったものは、遮光性1級の杢ライトグレーです。

日当たりの良すぎる角部屋なので、午前中はがんがん日が差し込みます。

f:id:mgmmyzk:20190427141929j:plain

f:id:mgmmyzk:20190427141935j:plain

画像では暗く感じますが、日中閉めきっていてもそれほど暗さを感じません。

形態安定加工をしていないプリーツがちょっとアレですが、光を遮られれば十分です。

 

 

引っ越しのたびにカーテンを買うのがもったいないとケチり(現在のリビングは特に窓が多いので)、1年ほどレースカーテンだけで生活していましたが、眩しくて限界でした。

室内なのにサングラスが欠かせず、加えて夏の太陽熱に冬は冷気。

 

取り付けたカーテンは遮熱ではないので、太陽熱や冷気に効果はありませんが、厚手のカーテンがあると無いとでは室内の温度が違うように感じています。

※遮熱対策は、室外にサンシェードを設置することが1番効果があるそう。熱を持ったカーテン生地が室内で熱を放射し、その結果部屋が暑くなるようです。

 

 

寝室は以前使っていたカーテンの裾を直して取り付けました。

もちろん有料なので、カーテンのサイズによっては新しく買った方が安くなるかもかもしれません。

 

今後の物件探しの際には、窓の数や大きさもチェックポイントにします。