クラコト

育児・転勤・暮らしのブログ

コンプレックス

私の顔にはほくろがたくさんあり、昔はこれがコンプレックスでした。

 

そんな私の顔のほくろを、頼んでもないのに弟はよく数えてくれました。

「1、2、3、4、5・・・・・30、50、100!!多っ!!!」

そんなにないわ笑。

 

今では見慣れたほくろですが、小学生の頃に上級生に言われた言葉でかなり傷ついたものです。

「こいつ気持ちわりぃで隣は絶対嫌!こっち見るな!」と。

縦割り班活動のときによく言われて(ひどいな)、ほくろが原因だと思っていたので、鏡で自分の顔を直視できない時期がありました。 

その後、中学生になってできた友達が私と同じようにほくろがたくさんあったので、自然とコンプレックスであることを忘れていきました。

友達、ありがとう。

 

昨日、娘が私の顔のほくろを数えていたので思い出した話なのですが、娘の顔や手足にも最近少しずつほくろが出てきました。

「ここと、ここと、ここにもあるね」なんて言いながらほくろを探す姿は、とても可愛いです。

 

成長したときに、コンプレックスではなくチャームポイントになって欲しいなと母は願います。