クラコト

育児・転勤・暮らしのブログ

20年前のコミケ。

1度だけですが、コミケに行ったことがあります。

20年も前のことなので記憶は曖昧ですが、ちょっと思い出してみました。

 

中学に入学してできた新しい友達が、漫画が好きで絵もとても上手。

コミケに行かない?」と誘われて、私は何のことかよく分からなかったけど、誘われて嬉しかったので行ってみることにしました。

同じクラスの私を含めた4人、友達のお父さんの車でコミケ会場のポートメッセなごやへ。

 

漫画は好きでしたが友達ほど詳しくなく、読んでいたものといえばりぼんジャンプ

ジャンプではうすた京介さんのマサルさんと、ジャンプ団が好きでした。

メソのキーホルダー(全員プレゼント)なんかも持ってて、誇らしげにリュックに付けてたけど誰にも気づかれません。

 

コミケ初心者の私は、友達の勧めでスケッチブックを持っていきます。

同人誌やラミカを買った時など、お店の方にイラストを描いてもらえることがあるそうです。

ラミカを買ったときにイラストをお願いすると、名前を聞かれたので何の迷いもなく自分のフルネームを答えます。すると友達の総つっこみ!ここでは描いて欲しい人物の名前のことでした!

短時間で描き上げる絵に感動して憧れてコピックを買ったけど、私は絵が描けないので、ときどき眺めては大事にしていました。

 

他にも覚えていることは、 

あまり混雑はなく、普通に歩いてみて回れたこと。東京のコミケはすごい人ですね。

コスプレしている人は少数でしたが、初めて見る私はくぎ付けでした。 

あとは、お昼に食べた揚げたこ焼きがとても美味しかったこと。

 

 

多感な時期に漫画が好き、絵を描くことが好きというと、暗いイメージを持たれていました。なんで暗い子たちと一緒にいるの?って言われたこともあります。

楽しかったので何とも思っていなかったけど、今思うと身も蓋もない言い方ですね。

 

もうひとつ思い出しました。

本屋さんでエヴァンゲリオンを買ったら、

「え、おばんトリオ?おばんトリオってなに?おばはんの話なの?延々・・・」と友達(コミケ友達とは違う子)がしつこかったこと、知っとるくせに笑。思い出すと笑ってしまう。

マサルさんのような分かりやすい絵と内容が好きなので、当時の私にはエヴァンゲリオンのストーリーが難しかった。今読んだら、分かるかな。

 

私の中の良い思い出、書き綴ってみました。