クラコト

育児・転勤・暮らしのブログ

ベビーチェアを買い替えた話。

昨年の秋、ベビーチェアを買い替えました。

豊橋木工のアップライトです。

f:id:mgmmyzk:20190107231939j:plain

 

それまではストッケのトリップトラップを使っていました。シンプルなデザインでカラーも豊富、とても頑丈な作りです。しっかりした椅子です。

それでも買い替えたのは、娘の姿勢に心配な点があったからです。

 

超猫背な夫。夫のおしりは平たく、椅子に座るとおしりが前に滑り出て、尾骨で座っている感じです。この姿勢が原因で何か体に不調が出てくるんではないかと、私は心配しています。

 

そんな夫似のおしりを持つ娘、座る姿が時々似ていることに気付きました。 

トリップトラップの座面は平面な木の板なので、長時間座るとおしりが疲れ、痛くなります。クッションを敷いていましたが、木の平面感は伝わります(私が座ってみて)。これも原因なのかなと。

娘がダイニングテーブルにいる時間は、食事時間だけで1日トータル1時間くらいですが、正しい姿勢でいて欲しいと強く思いました。

  

 

子供の姿勢を守る椅子、アップライト。

toyomoku.co.jp

  

取扱いのある家具やさんへ行き、実際に座ってみて購入を決めました。

発注してから納品されるまで1ヶ月半ほどです。

 

組み立てた状態で、大きな段ボール箱に入って届きます。 

今はもう見慣れましたが、なかなか大きいですね。

f:id:mgmmyzk:20190107231943j:plain

 

座面の下地は、こげ茶色。クッション材が入っており、少し曲面になっています。

f:id:mgmmyzk:20190210013946j:plain

 

その上に座面カバーをつけます。

f:id:mgmmyzk:20190210013952j:plain

座面が曲面、カバーが布地のため、摩擦でおしりが滑り出ることがかなり減りました。

 

そして、私にとって嬉しいことは高さ調節が格段に楽になったことです。

ネジグリップ式といって、黒いネジを緩めて座面や足台を調節し、位置を決めたらネジを締めるだけです(黒いネジが付いたまま、高さ調節をします)。

f:id:mgmmyzk:20190107232006j:plain

f:id:mgmmyzk:20190107231954j:plain

 

ベビーチェアは、ダイニングテーブルで食事をするときに座る椅子、座ってみんなで談笑したいわ~くらいにしか思っていなかったので、子供の姿勢のことなんて全然考えていませんでした。

そして買うならトリップトラップと決めていたので、私は実物を試さずにネットで購入しました。

結果、大きな出費に・・・

出費は痛かったですが、子供の姿勢に気付く良いきっかけになりました。

以前に比べ座る姿勢は良くなりましたが、それでも時々崩れます。気付いたときに正しています。

 

余談ですが、

出産祝いでエルゴの抱っこ紐を頂いたけれど、娘には合わず。

装着のコツをネットで調べて試行錯誤しながらしばらく使っていましたが、最後までおしりが安定しなかったです。

 

名の知れたものだから良い物だろう、という考えはやめることにしました。