クラコト

育児・転勤・暮らしのブログ

こどもの上唇小帯

娘が1歳のころ。

自宅の家具の角で上唇をぶつけ、上唇小帯を切りました。

口の中の出血と泣き叫ぶ娘に、私の方がびっくりしてしまい激しい動悸を感じました。

 

引っ越して間もない頃でしたが、通う予定でいた小児歯科を調べていたのですぐに電話を。

歯医者さんに着く頃には娘も泣き止み、出血も止まり、先生に診てもらえる安心感で涙が出そうでした。

 

上唇小帯(じょうしんしょうたい)とは、

上唇をめくって裏側をみたとき、上唇と歯茎(前歯の中央あたり)をつなぐ筋のことです。

この筋の影響は、前歯に隙間があくことです。

また、歯ブラシが当たると痛いので、仕上げ磨きを嫌がる子供もいるそうです。

 

成長とともに筋が無くなる人もいれば、転んだりぶつけたりして、自然と切れる人もいます。

筋が太く気になる場合は、歯医者さんで切除する方法もあるそうです。

 

歯医者デビューした頃、早い段階で娘の上唇小帯が太めと教えてもらっていました。上記の影響も聞いていたので、今回ぶつけた時に「筋が切れたのかも」と予想していました。

 

先生に診てもらうとやはり上唇小帯が切れており、子供によく起こるとのことでした。

傷の部分にレーザーをあてて、翌日もう一度受診。傷の治りは早かったです。

 

その時のケガで学んだことは、口や周辺をぶつけたら、とりあえず歯を確認することです。

ぐらつく歯がないか、どこから血が出ているか、どれだけ泣いていても口の中をしっかり見るようになりました。

筋が切れた時、見るのが怖くて(血が苦手です)この確認が十分に出来ず、電話をかけた時に口の中の状態を上手く伝えられませんでした。急なケガでも落ち着いて対応したいけど、こればかりはその時にならないと分かりませんね。あまり遭遇したくないです。

 

私自身も小さい頃から前歯に隙間があり、夫もすきっ歯気味なので少し心配していましたが、

娘の前歯は、今のところ綺麗に並んでいます。