クラコト

育児・転勤・暮らしのブログ

こどもの乳歯ケア

娘は、生後5ヶ月の頃から歯医者に通い始めました。

3ヶ月で歯が生えはじめ、8ヶ月になる頃には8本生え揃っていたので、歯の成長は早いほうだと思います。

まだ離乳食も始まっていなかったので、自宅で出来るケアだけで良いかなと思っていました。

 

でもいずれ通うことになる歯医者さん。

正しいケアを知っておくのに早いに越したことはないと考え、行くことにしました。

ちょろっと生えた2本の前歯に歯ブラシを当てた後、フッ素を塗布してもいます。大泣きしましたが、本数が少ないのであっという間に終わりました。

それからは自宅でも歯ブラシに慣れるために、ガード付きのシリコンのものを渡していました。

 

小さい頃から歯医者さんに通えば、歯磨き嫌がらないかな、ちゃんとできる子になるかなと考えていましたが、甘かったです。

しっかり磨きたい母と、嫌がる娘。毎日が格闘!!

 

理想は毎食後に歯磨き&仕上げ磨き。

でも全然できません。

家事より、離乳食より、お出かけより、お風呂より、夜の仕上げ磨きが1番苦痛でした。

 

人形を使って話しかけたり、

歯ブラシの色を変えて気を紛らわせてみたり、

YouTubeで歯磨きの音楽を一緒に聴いたり、

おかあさんといっしょの『はみがきじょうずかな』の放送のタイミングで磨いたり、

ご褒美のキシリトールタブレットで誘ってみたり、

ガッチリガードして強行で磨いたり。

楽しい雰囲気でできるように、あの手この手でなんとかやってきました。

だけど結局どれも上手くいかないので、いつも最後は強行でした。(ごめんね…)

 

2歳半になった今は、以前に比べると楽になりました。会話ができるようになってきたからかな。

 

朝と昼の歯磨きは子供に任せています。その後は機嫌が良く口を開けてくれたら、サササーっとほんの一瞬だけ磨き、嫌がる前にやめます。

昼食後、眠そうにしているときや、私が疲れていたり体調が悪いときは、キシリトールタブレットに置きかえています。無理はしません。これは外出先で歯磨きができないときにも便利です。

そのかわり夜はしっかり磨きます。YouTubeの歯磨きソングが好きなので、見ている間に仕上げ磨きをし、子供用のフロスを使う時もあります。

 

スマホに子守りをさせてはいけないとよく目にしますね。

最初の頃は、YouTubeを観せてしまう私の育児はだめなんやろなぁ…と考えてしまう時もありましたが、これが今の私の最善策なのであまり気にしていません。 

もちろん、観ないで歯磨きができるようになることが目標です。

 

 

私の歯は、昔の虫歯の治療で詰め物がいくつかあり、綺麗ではありません。詰め物が取れるとセラミックに変えてみたり、お金がとてもかかります。

また産後の睡眠不足からか歯ぎしりをするようになり、歯ぎしりで歯が欠けることを初めて知りました。

 

子供の歯の健康を守りたいあまり、初めての育児で神経質になっていました。

今は少し手を抜くようになりましたけど、歯を大切にしたい気持ちは変わりません。

楽しい歯磨き、試行錯誤中です。

 

 

今朝粘土で遊びました。

ピタゴラスイッチのキャラクターのねんどれナンドレラッツ、たしかこんな感じだったような。

f:id:mgmmyzk:20181220160208j:plain

 

今使っている歯ブラシとたまたま同じ色だったので、今日はこれで乗り切ります。

f:id:mgmmyzk:20181220160221j:plain

※歯ブラシ、使っているものを載せるのはアレなので、新品の綺麗なものです。